離婚、夫婦問題のストレスを発散!!

温泉ソムリエeriの癒しの温泉ブログ

みなさん、こんにちは。温泉ソムリエeriです。

だんだんと秋風を感じる季節となって来ましたね。皆さんは「秋」と聞いて、何を思い浮かべますか?

さて、今回はご紹介するのは・・・!

 

長野県 葛温泉「温宿かじか」

 

 

今回ご紹介する温泉は、長野県大町市にある葛(くず)温泉です。

長野県の松本駅から新潟県の糸魚川駅までつなぐ大糸線の信濃大町駅というところが最寄駅で、信濃大町駅からタクシーで20分くらいの場所にあります。その昔、お腹をすかせた村人が葛の根を掘りに山へ出かけ、そこで発見したことから葛温泉と呼ばれているそうです。

 

あえて照明を落とした、雰囲気のある内湯

 

御宿かじかの湯船は2箇所。内湯と露天風呂があります。内湯はコウヤマキという樹木を使用していて浴室にも木の香りが漂います。浸かると暗い印象がありますが、温泉をゆっくり楽しめるように照明にこだわっていて“あえて”暗くしているんだとか。おかげさまでじっくりゆっくりと楽しむことが出来ます。

 

特にオススメは開放的な露天風呂

 

御宿かじかさんのお風呂、特にオススメなのは露天風呂!ものすごく開放感のある露天風呂で、夏は緑いっぱいの森林浴、秋は紅葉、冬は雪景色と日本の四季を楽しめる露天風呂です。さらに素晴らしい点は、温泉そのもの!泉質としては【単純温泉】ですが、大量の湯華が湯船を舞い、きゅきゅっとした肌触りのお湯は温泉の香りが漂っていて、とても個性の強いはっきりとした温泉なのです。

 

いかがでしたか?

今回は、長野県大町市にある「葛温泉 御宿かじか」を紹介いたしましたがいかがでしたか?

 

 

木造りの雰囲気のある内湯と四季を楽しめる開放的な露天風呂、それぞれ異なる印象の湯船ですが、実は温泉自体も異なる源泉が注がれているのです。両方浸かるとそれぞれ違う肌触りだということに気がつくと思います。私の体感としては露天風呂の方がはっきりと主張のある温泉、といったところです。1つの旅館で2種の温泉を堪能出来る、なんて贅沢な温泉なのでしょう!

秋も深まり、あっという間に冬がやってまいります。
肌寒くなると温泉がより恋しくなりますね。秋も温泉めぐりを楽しみましょう!

では本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
また来月、お会いしましょう!

※浴室の写真は全て公式HPよりお借りしております※

 

事務所

〒198-0032
東京都青梅市野上町3-7-34
ビューハイツ202
行政書士鷹取法務事務所
弁護士法人アズバーズ(青梅事務所)
河辺駅(JR) 徒歩8分

新宿区の面談室

〒169-0074               
東京都新宿区北新宿1-1-15
リービル5 4階
弁護士法人アズバーズ(新宿事務所)
新宿駅(JR・小田急線・京王線)徒歩9分
新宿駅(西武新宿線)徒歩5分
新宿西口駅(大江戸線)徒歩5分
大久保駅(JR)徒歩3分
新大久保駅(JR)徒歩6分
西新宿駅(丸ノ内線)徒歩9分
東新宿駅(副都心線)徒歩9分