離婚、夫婦問題のストレスを発散!!

温泉ソムリエeriの癒しの温泉ブログ

みなさん、こんにちは。温泉ソムリエeriです。

今年は、例年以上に猛暑が続いたように感じる夏でしたね。

つい先日、私はぬる湯が気持ちよすぎる「貝掛温泉」へ行ってきました。

とても癒される時間を過ごしたので、改めて大好きな温泉宿だなと感じました^^

「貝掛温泉」は前回の連載でご紹介したので、参考しにしていただけたらと思います。

URL:https://takatori-office.com/healing/blog013/

さて、今回はご紹介するのは・・・

 

群馬県下仁田町へやってきました!

 

今回紹介する温泉は、群馬県にある「八千代温泉 芹の湯」。下仁田ネギが有名な街、下仁田町という場所にあります。

 

 

群馬県に位置していますが、一番近くのインターチェンジは長野県にある碓氷軽井沢。
インターから車で17分、また南軽井沢エリアから車で約20分と比較的近いので、軽井沢へお出かけの際にちょっと足を伸ばして“温泉ドライブ”をしてみてもよいかもしれません^^

 

2箇所ある湯船は男女入れ替え制

 

八千代温泉 芹の湯の温泉は2箇所あります。
岩の湯船と木の湯船で、日毎に男女入れ替えとなっておりますのでどちらも楽しみたいところです。写真は岩の湯船です。岩の湯船の方は周りの岩肌から温泉が染み出すように流れ落ちています。

 

舐めるとしょっぱい!とろんとした温泉

 

八千代温泉の泉質は、【含二酸化酸素ーナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉】。とろ〜んとした温泉でこの肌触りが心地よくていつまでも浸かっていたくなる温泉です。温泉に含まれた塩の成分がお肌を包むので、湯上がりもしっとりホカホカ。これから肌寒くなる季節にもオススメです。源泉温度が約10度でそのまま利用するととても冷たい温度なので、温泉を温めてから湯船に注がれているそうです。

 

 

岩肌から染み出たように見える温泉。温泉1kgあたり1g以上の成分が含まれていると「温泉」と呼ばれるのですが、こちらの温泉はなんと1kgあたり温泉成分が12gも含まれているのです!とても成分が濃い温泉でのぼせやすいので、入浴時間には注意してくださいね。

 

いかがでしたか?

今回は、群馬県下仁田町にある「八千代温泉 芹の湯」を紹介いたしましたがいかがでしたか?ご紹介した湯船ともう一つの木の湯船もめちゃめちゃ素敵なので、ぜひ行ってみてください!

 

では本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

また来月、お会いしましょう!

事務所

〒198-0032
東京都青梅市野上町3-7-34
ビューハイツ202
行政書士鷹取法務事務所
弁護士法人アズバーズ(青梅事務所)
河辺駅(JR) 徒歩8分

新宿区の面談室

〒169-0074               
東京都新宿区北新宿1-1-15
リービル5 4階
弁護士法人アズバーズ(新宿事務所)
新宿駅(JR・小田急線・京王線)徒歩9分
新宿駅(西武新宿線)徒歩5分
新宿西口駅(大江戸線)徒歩5分
大久保駅(JR)徒歩3分
新大久保駅(JR)徒歩6分
西新宿駅(丸ノ内線)徒歩9分
東新宿駅(副都心線)徒歩9分