離婚、夫婦問題のストレスを発散!!

温泉ソムリエeriの癒しの温泉ブログ

みなさん、こんにちは。温泉ソムリエeriです。

2019年、折り返しの6月になりましたね。
梅雨シーズン真っ只中ではありますが、緑が美しい季節なのでこの時期の温泉めぐりも大好きです。

「どこの温泉をご紹介しようかな…」と写真フォルダを見返していて、ちょうど去年のこの時期に訪れた温泉で感動したのを思い出したので今回はそちらの温泉施設を紹介したいと思います!

今回ご紹介する温泉は、長野県にある白骨温泉「小梨の湯 笹屋」です。

 

長野県・白骨温泉ってこんなところ

 

 

長野県松本市にある「白骨温泉」は新幹線なら長野駅からレンタカーで約2時間、中央線で松本駅からレンタカーで約1時間。路線バスなども合わせて公共交通機関を使っても行くことが出来ます。白骨温泉は、鎌倉時代(約600年くらい前)に湧出したのではと伝えられており「三日入れば三年風邪をひかない」とも伝えられているそうです。

 

温泉成分が湯船に付着して白くなることから「白い船」「白船温泉」と呼ばれていたそうですが、いつしか「白骨温泉」と呼ばれるようになり現在に至るそう。温泉成分で出来た湯船の模様、まさに温泉アートですよね。一つとして同じアートは目にすることが出来ないため、訪れるたびに異なるアートを楽しめるのも白骨温泉の魅力の一つです。

 

白骨温泉「小梨の湯 笹屋」

 

白骨温泉には10数カ所の温泉施設(宿)があり、何箇所か入りましたが特に印象に残っているのは「小梨の湯 笹屋」。
秘湯マニアにもファンが多いと言われており、「日本秘湯を守る会」の加盟宿でもあります。

 

 

兎にも角にもオススメしたい湯船がこちら。写真は女子専用の「姫の湯」です。

自家源泉がたっぷりと注がれ、乳白色の温泉からは硫黄の香りが漂います。
半露天風呂になっていて吹いてくる風が心地よくて、朝に入浴すれば鳥のさえずりや風の囁きも聞こえてきて、私の大好きが詰まった理想の湯船です。

白濁の温泉は、肌に少し刺激のある「酸性」の温泉が多いですが、白骨温泉は肌に優しいマイルドな肌触りの「中性」。
泉質は含硫黄ーカルシウム・マグネシウムー炭酸水素塩泉。「硫黄泉」「炭酸水素塩泉」といえば、美肌温泉を代表する泉質で美白をサポートする「硫黄泉」と、ツルツル肌を手伝う「炭酸水素塩泉」。

とても柔らかで入りやすくて、朝晩ずっと浸かっていたい、そして美しくて見惚れるので鑑賞していたい温泉です。

 

 

白骨温泉は飲むことで“内臓の働きを良くする効果に期待が出来る”と言われており、温泉をごくりと飲める飲泉用のコップが置いてあったり、夕食で温泉でつくる「温泉粥」や温泉で信州牛をしゃぶしゃぶする「温泉しゃぶしゃぶ」など温泉グルメも楽しめます。中からも外からも温泉を堪能出来るなんて幸せですよね。

 

いかがでしたか?

今回は、長野県・白骨温泉「小梨の湯 笹屋」を紹介いたしましたが、いかがでしたか?

 

 

この時期は近くの上高地もシーズンのため、観光のついでに立ち寄ってみてもいいですね^^

では本日も最後までお読みいただきありがとうございました。
また来月、お会いしましょう!

事務所

〒198-0032
東京都青梅市野上町3-7-34
ビューハイツ202
行政書士鷹取法務事務所
弁護士法人アズバーズ(青梅事務所)
河辺駅(JR) 徒歩8分

新宿区の面談室

〒169-0074               
東京都新宿区北新宿1-1-15
リービル5 4階
弁護士法人アズバーズ(新宿事務所)
新宿駅(JR・小田急線・京王線)徒歩9分
新宿駅(西武新宿線)徒歩5分
新宿西口駅(大江戸線)徒歩5分
大久保駅(JR)徒歩3分
新大久保駅(JR)徒歩6分
西新宿駅(丸ノ内線)徒歩9分
東新宿駅(副都心線)徒歩9分