離婚、夫婦問題のストレスを発散!!

温泉ソムリエeriの癒しの温泉ブログ

第2回(2018.9)

みなさん、こんにちは。温泉ソムリエeriです。
残暑厳しい日々ですが、いかがお過ごしでしょうか。

先日知人に「温泉へ行こう」と誘ったら、「暑い日に熱い温泉には入りたくない」と断られてしまいました。

そこで暑い日にぴったりの「ぬる湯」をご紹介したいと思います。

 

長野県「高峰温泉 ランプの宿」

私の大好きなぬる湯は、長野県小諸市にある「高峰温泉ランプの宿」です。

秘湯を守る会の会員宿でもあり、温泉マニアの間でも知られる秘湯です。宿名の通り、館内にはいたるところにランプが置いてあり、夜はランプの光が幻想的なお宿さんです。

 

35度前後のぬるい源泉をそのまま掛け流す内湯が最高

「ランプの宿」には、内湯2つと露天風呂1つがあります。上記の写真は内湯の「ランプの湯」です。こちらは日帰り入浴の方が唯一入ることの出来る湯船です。

大きな湯船が2つに区切られており、右側が湧き出た温泉をそのまま手を加えずに注がれた浴槽でだいたい35度前後。左側は、源泉を温めてから湯船に注いでおり約41度です。

右側の源泉浴槽は、水とまではいきませんがプールの温度くらいで最初浸かるとひんやりとしていますが、のんびりと長湯しているとたまらなく気持ちいいのです。さらに加温された41度の浴槽と交互に入るとうっすらと汗ばんできて体がぽかぽかしてきます。

 

宿泊者専用の野天風呂もおすすめ!

こちらは、宿泊者専用の野天風呂。宿泊している建物から50メートルくらい歩いた場所にあります。
高峰温泉は標高2,000メートルの位置にありタイミングがいい日は雲の上にぷかぷかと浮かんでいるような“雲上の野天風呂”を堪能出来ます。朝7時頃〜日没まで入浴が出来ますが、吹雪の日など天候によっては入浴NGの時も。

 

冬は、雪上車体験も出来ますよ!

車がない方は、新宿から出発する高速バスがおすすめ。約4時間で宿に到着します。
さらに冬に行くと、最寄りのバス停まで「雪上車」が迎えに来てくださります!雪の上を進む雪上車に乗れるチャンスもあります。私は雪上車の上に乗せていただいたのでとてもスリリングで面白い体験が出来ました。

 

コンビニも飲み屋も近くにないけれど、おすすめしたくなる理由

宿の周りにはコンビニや飲み屋さんなどありません。しかし、宿主が宿泊者向けに用意してくださるプログラムがこんなに豊富。“高峰温泉という場所を満喫して帰っていただきたい”という宿主の温かさを感じました。

暑い日にもおすすめしたい高嶺温泉ランプの宿。
人肌に近い温度の温泉にぷかぷかと浸かってみませんか?

事務所

〒198-0032
東京都青梅市野上町3-7-34
ビューハイツ202
行政書士鷹取法務事務所
弁護士法人アズバーズ(青梅事務所)
河辺駅(JR) 徒歩8分

新宿区の面談室

〒169-0074               
東京都新宿区北新宿1-1-15
リービル5 4階
弁護士法人アズバーズ(新宿事務所)
新宿駅(JR・小田急線・京王線)徒歩9分
新宿駅(西武新宿線)徒歩5分
新宿西口駅(大江戸線)徒歩5分
大久保駅(JR)徒歩3分
新大久保駅(JR)徒歩6分
西新宿駅(丸ノ内線)徒歩9分
東新宿駅(副都心線)徒歩9分