ご挨拶

養育費の未払いは、深刻な社会問題です。養育費の支払いを受けているのが母子世帯の約2割という驚くべき統計もあります。児童扶養手当を始めとするひとり親家庭の手当てがありますが、それらをフルに活用しても貧困から脱するのは困難といえます。やはり、離婚の際に養育費の金額、支払方法、支払期間を確定させて、養育費の未払いが生じないよう、最大限手を尽くしておくべきです。
当サイトは、国家資格者の弁護士と行政書士が協力し、未払い養育費の請求(回収)に向けた業務を提供しております。

弁護士の提供する未払い養育費請求(回収)代行サービスは、画期的な完全成功報酬制のサービスです。一般的に弁護士の敷居は高く、養育費のような特殊な性質の債権回収には、弁護士費用のハードルが大きく立ちはだかります。毎月、数万円の養育費を請求(回収)するのに、15万~30万円の着手金が発生致します。着手金とは、初期費用のことです。報酬金、日当を含めて考えますと、トータル50万~60万円の費用を捻出しなくてはなりません。

このように弁護士費用が高額なため、養育費の請求(回収)を諦めている女性がかなり多いのが実情です。未払い養育費請求(回収)代行サービスは、弁護士の着手金というハ大きなードルを取り払いました。未払い養育費請求(回収)代行サービスは、全く着手金をいただきません。未払い養育費の回収に成功したときに初めて弁護士費用(報酬金)をいただきます。
代理交渉、内容証明郵便、養育費請求調停(審判)、間接強制、強制執行、これらの手段を駆使し、未払い養育費を回収致します。

行政書士の提供する内容証明郵便、公正証書作成、メール相談の業務は、シングルマザーの経済事情に配慮してかなりリーズナブルな料金設定とさせていただきました。

私達は、当サイトを通じて、多くのシングルマザーの助けになることにより、社会貢献活動の一端を担えると考えております。
当サイトをご活用いただき、皆様の生活の一助になれましたら、これに勝る喜びはありません。

カウンセラー行政書士の
離婚ブログ

NEW

第17回 離婚で迷ったときは? もっと読む

第16回 親権者の決め手となるものは何? もっと読む

第15回 知らないと損する!離婚前にしておくべき、3つのこと~③収入編~ もっと読む

過去の記事はこちら >>